オリーブオイルパスタ ”こだわりの輸入食材屋”ポルコバッチョ
南ヨーロッパ食材のセレクトショップです。
食品添加物を極力使わない美味しくナチュラルな食品を通信販売。




配送料金について
北海道…1595円
北東北… 1045円
南東北… 935円
関東…… 825円
信越…… 825円
北陸…… 825円
中部…… 825円
関西…… 825円
中国…… 825円
四国…… 825円
九州…… 825円
沖縄……1595円
詳細はご利用案内
<酒類の販売について>
未成年者の飲酒は法律で禁止されています。飲酒運転は法律で禁止されています。 妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります

ホーム | 自社直輸入商品 > Bonajuto古代チョコレートアンティカ・ドルチェリア・ボナイユート チョコレート"シナモン"(100g)
商品詳細

アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート チョコレート"シナモン"(100g)[シチリア州]

販売価格: 1,404円(税込)
クール便・冷蔵(220円)代が必要になります。
数量:

濃厚なカカオの香り 
Antica Dolceria Bonajutoの古代チョコレート

古代チョコレートって?
時代をさかのぼって16世紀の大航海時代。現在のメキシコ中央部で栄えていたアステカ帝国では、今のようにお菓子としてではなく薬やエネルギー源としてチョコレートが食されていました。そして、その当時アステカとシチリアを征服統治していたスペイン人によって、遠く離れた地シチリアに『チョコレートの原点』とも言うべき製法が伝えられたのです。

ベースとなる材料はカカオマスと砂糖(※フレーバーによって変わります)、と極めてシンプル。チョコレートを口溶けよく滑らかにする役割のレシチン(乳化剤)やカカオバターは不使用です。カカオの香りを逃さないよう45℃以下の低温で温めることが美味しさの秘訣。また、砂糖が溶けずに残るため独特のシャリシャリとした食感が生まれます。アステカ時代にはレシピになかった砂糖が加えられているという点を除けばほぼ昔の製法のまま。『古代チョコレート』と言われる所以なのです。

どこで作られているの?
イタリアはシチリア島東南の町、バロック調の街並みが残る美しい町モディカに『アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート』はあります。1880年にフランテェスコ・ボナイユートによって創業された老舗のドルチェリア。”チョコレートの町”とも形容されるモディカには35以上ものチョコレートショップがありますが、その中でもボナイユートは一番の老舗として地元の人々に愛され続けています。 

製造工程
1.カカオの粒(種を挽いたもの)からカカオバターを取り除かず、カカオの粒を滑らかにするために正確な温度(45℃以下)にあたためペースト状にする。
2.砂糖、スパイスを加え混ぜ合わせる。
3.型に入れ温度を下げ固形化する。
4.パッケージに入れて出来上がり!

どんな味?
袋を開けた瞬間からふわ〜んとカカオのとっても濃厚な香りが!板チョコ状の表面は少し粉っぽく、口に含むと舌の上では砂糖がざらつき、カカオが滑らかに溶け出したりはしません。300種類以上とも言われるカカオの複雑で濃厚な香りが一気に香り立ち鼻腔をくすぐります。まさに”カカオの香りを楽しむチョコレート”といった感じです。そして何よりもその独特のシャリシャリした食感、素材感のある味わいは懐かしくて新鮮。ひと口かじるだけでも元気が出てくるような、不思議なパワーを持ったチョコレートです。

こちらのシナモンはカオ含有量50%。シリーズ中砂糖が一番多く含まれているため、シャリシャリ食感も一番強くお楽しみいただけます。シナモンの香りは強すぎずほんのりと香る程度。上品なアフターフレーバーを残してくれます。シナモンが苦手な方にもおすすめです。

※ボナイユートの創業当時、チョコレートは料理用に使われていたため食べやすさは優先されず、分厚い板状でした。今現在でも当時の歴史を受け継ぎこの形が採用されています。そのままだと齧りにくいので、お召し上がりの際は包丁で小さめにカットすると食べやすくなります。

≪ご注意≫
カカオバター・乳化剤不使用のため、チョコレートの表面にブルーム現象(白っぽくなる)が見られる場合がありますが、商品の特性としてご理解いただきますようお願い申し上げます。

品名 アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート シナモン
原産国名 イタリア・シチリア州モディカ
内容量 100g
原材料名カカオマス(50%)、砂糖(グラニュー糖)、シナモン
賞味期限2022年7月31日
保存方法冷暗所で保存。真夏以外は冷蔵庫には入れずにできるだけ常温で保存してください。